コロナ禍で高まる需要♪介護施設での看護師の役割

医療・介護キャリアサーチ奈良/大阪TOP › お役立ち情報 › コロナ禍で高まる需要♪介護施設での看護師の役割

入居者の健康管理が最も大切な役割!
仕事内容は、健康管理、療養、医療業務、介助など。
介護施設での勤務には、高いコミュニケーション能力が求められる!

 

「介護施設での看護師って、どんな役割なの?」
「介護施設で働く看護師の仕事内容が知りたい!」

看護師の方の中には、老人ホームなどの介護施設で働くことに興味がある方も多いのではないでしょうか。
しかし介護施設は、看護師の役割や仕事内容、求められることが病院と大きく異なります。
そこで今回は、介護施設で働く看護師の役割や仕事内容について詳しくご紹介します。
介護施設への転職を考えている方はぜひ参考にしてみてください!

 

 

1. 介護施設で働く
看護師の役割とは

《 利用者の健康管理 》

介護スタッフと連携しながら、利用者のケアを行います。
基本的に介護スタッフは利用者の介護や生活全般の支援を担い、看護師は医療という視点から、利用者の健康的な生活をサポートします。

《 体調不良やケガをしたときの医療処置 》

介護施設は一部を除き、医師は常駐していません。
そのため、利用者が体調不良を訴えたとき、ケガをしたとき、容態が急変したときなどは、医療従事者である看護師の出番となります。
応急処置を行うほか、必要に応じて救急車の手配、医師への連絡も行います。
冷静かつ迅速で正確な判断が求められます。

 

 

2. 介護施設で働く
看護師の業務内容

健康管理

介護施設では、看護師は以下のような健康管理に関する業務を行います。
・バイタルチェック(体温や血圧を測定する)
・口腔ケア
・爪切り
・耳垢除去

療養

介護施設で働く看護師は、入居者のための療養に関する業務も行います。
・経管栄養の実施
・軟膏の塗布
・湿布の貼付
・ケガや創傷処置
・人工肛門などのストーマ装具の交換
・自己導尿を補助するカテーテルの準備
・その他、医師から指示された医療処置

医療業務

医師からの指示や指導がない場合に看護師が医療業務を行うことは、禁止されています。
看護師が、医師の指示や指導のもとで行う医療業務は以下のとおりです。
・投薬
・点滴
・採血
・痰の吸引
・床ずれの観察・処置
・尿道カテーテルの挿入

看護師も食事介助や入浴介助をする?

特別養護老人ホームや介護老人保健施設では、入浴介助は介護スタッフが行うことがほとんどです。
しかし、規模が小さな有料老人ホーム、デイサービスなどでは、人手が足りないときや必要に応じて、看護師も利用者の入浴介助を行うこともあります。
一般的な入浴の流れとしては、看護師はバイタルチェックを行い、利用者が入浴できる健康状態かどうか確認します。
脱衣所などで、利用者の衣類の着脱を手伝いながら、身体状態をチェック。
その後、介護スタッフが入浴の介助を行います。
入浴後、看護師はケアが必要な利用者に塗り薬を塗ったり、湿布の貼付、爪切りなどを行います。
食事介助も多くは介護スタッフが行いますが、誤嚥の心配がある利用者に対しては、見守るという意味もあり介助を行うこともあります。
どちらも規模の小さな有料老人ホーム、デイサービス、グループホームでは珍しくないようです。

 

 

3. 介護施設で働く
看護師のスケジュール

介護施設で働く看護師のスケジュール例をご紹介します。
9:00 出勤・全体ミーティング・予定確認など。
9:30 入居者の健康チェック……入居施設を巡回し、入居者一人ひとりの健康を確認する。
10:00 医療処置……医師の指示・指導のもと、入居者の健康状態に合った医療ケアを行う。
11:00 入浴前後の対応……介護職と連携し、入居者の健康確認など入浴前後の対応を行う。
12:00 食事介助……介護職と連携し、入居者の食事介助や見守りを行う。
13:00 昼食休憩
14:00 入居者の健康チェック・レクリエーションなど。入居者との交流を行う。
15:30 カンファレンス・記録・物品補充など……介護施設内のカンファレンスへの参加、入居者の健康記録、夜間や翌日に備えて備品チェックや物品補充を行う
17:00 申し送り……夜勤のスタッフへ引き継ぎを行う。
17:30 退勤
※これはあくまで例であり、施設や時期によって職務内容には差があります。

夜勤・オンコールの有無

施設によって、看護師が夜間は常駐していないところもあります。
看護師の夜勤がない施設は、夜間オンコールの体制をとっている傾向が多いようです。
病院看護師と比べると、介護施設で働く看護師の夜勤の業務量は少なく、働きやすいと言えますが、施設によって看護師の人員配置は異なるため、転職を検討している施設の看護師の勤務体制について確認してみましょう♪

 

 

4. 介護施設勤務に
向いている看護師

高齢者とのコミュニケーションが得意な方

介護施設では、入居者の方とコミュニケーションをとる機会が多くあります。
また、利用者の些細な変化を見逃さないためには、普段からコミュニケーションをとり、性格や嗜好、行動のクセなどを把握しておくことも大切です。
入居者の中には認知症の方もいらっしゃるため、認知症について知識がある方や、認知症の症状に根気よく付き合える方も向いているでしょう。

仕事と家庭を両立したい方

介護施設は残業や夜勤が少なく、勤務時間が決まっている施設も多いため、仕事と家庭を両立しやすい環境であると言えます。
子育てをしながら働くことは十分可能です。
「看護師としてのキャリアを途切れさせたくないけれど、病院で看護師を続けていたら家事や育児、介護との両立が難しい」「もう少しゆとりのある仕事に切り替えて、プライベートの時間を持ちたい」と考えている病院看護師の方は、介護施設への転職を検討してみてはいかがでしょうか。

看護師のキャリアにブランクがある方

介護施設では医療行為が頻繁には行われないため、看護師として経験が浅い方だけではなく、しばらく看護師の仕事から離れていた方にも、働くチャンスがあります。
ただし、入居者の体調が急変したときなどの緊急時には、看護師としての判断を求められることがありますので、そのような緊急時の対応ができるレベルのスキルや経験は必要であることは認識しておきましょう。

多様な職種の人と連携して仕事をしたい方

高齢者施設では、介護士、ケアマネジャー、リハビリ専門職、薬剤師、歯科衛生士など、さまざまな職種と連携して利用者のケアに当たります。
他の職種と積極的に関わり、チーム医療に貢献したい人には適した環境です。
ただ、利用者のためのケアという共通理念はありつつも、専門性の違いによる意見の相違が生まれがちです。
チーム医療の一員として、看護師として必要な意見を伝えつつも、それぞれの職種に対する理解を深めることが大切となってきます。

 

介護施設の看護職の求人はコチラ

 

 

 

5. 病院看護師との違い

介護施設の看護師は、病院看護師と比べて医療ケアを行う場面が少ないのが特徴です。
日々の業務は入居者の健康管理が中心になりますので、病院から転職した人は医療行為の少なさに驚くかもしれません。
医師がいない施設では、入居者の急変時に看護師が対応を判断することは珍しくないため、責任が求められます。
また、病院では、医療サポートから入院患者の身のまわりのお世話まで看護師が行いますが、介護施設では、介護スタッフが中心となって身体介護を行なっています。
もちろん看護師が介護スタッフとともに入居者の介護業務を行うこともありますが、役割分担があるため限定的です。
そのため、介護士とのコミュニケーション・連携も求められます。

また、24時間対応が基本の病棟勤務では、2交代制・3交替制でシフトが組まれ、それに沿って勤務することが一般的です。
勤務時間は変則的かつ不規則です。
一方、介護施設の場合は、施設によって違いはありますが、入居者の要介護度が低い有料老人ホームや、看護師の夜勤配置が義務付けられていない特別養護老人ホームでは、看護師の夜勤はありません。
同様の理由で残業も少なくなっています。
ただし、有料老人ホーム、グループホーム、サービス付き高齢者住宅は看護師の常勤義務はないものの、医療ニーズを満たし、利用者が安心して過ごすことができるよう24時間看護師を常駐させている施設も増えています。
介護施設に転職を考える際は、夜勤の有無について事前に確認したほうがいいでしょう

 

 

6. コロナ禍における看護師派遣

厚生労働省は、新型コロナウイルスの「オミクロン株」の急速な感染拡大が続いていることを踏まえ、高齢者施設の医療体制の強化に向けた施策として、高齢者施設へ看護職員を派遣する医療機関への補助金を3倍へ引き上げ、通常の2760円/時間から8280円/時間へ見直しました。
看護職員の配置を後押しし、退院した高齢者の早期の受け入れ、施設内の療養環境の整備などにつなげたい考えです。
施設側としても、生活の場としての介護施設であるため、どうしても医療的サポートが少ない中で新型コロナに対応しなければならないことは不安要素が大きかったと思うので、医療知識を持った看護師が来てくれることは、とても心強いことでしょう。
このように、今後もしばらく続くと思われるコロナ禍において、看護師の役割は多岐にわたっています。

 

次回は「燃え尽き症候群(バーンアウト)」についてお伝えします!
お楽しみに★


奈良県、大阪府で医療・福祉関係の
転職をお考えの方はコチラ
LINEでのお問い合わせも受け付けています!
友達登録後にお役立ち情報や
LINEでしか見られないおすすめ求人特集をご案内させていただきます!
ぜひお気軽にご登録下さい!