合格率にも注目!第25回(2022年度)「奈良県介護支援専門員(ケアマネジャー)試験」の日程・受験資格をご紹介♪

医療・介護キャリアサーチ奈良/大阪TOP › お役立ち情報 › 合格率にも注目!第25回(2022年度)「奈良県介護支援専門員(ケアマネジャー)試験」の日程・受験資格をご紹介♪

奈良県では2022年10月9日(日)にケアマネ試験が実施される!
受験には規程の国家資格に基づく業務経験や相談業務経験が
【5年以上かつ900日以上】必要!

 

はじめに、受験概要は地域によって異なります!
必ずご自身の受験地の情報をご確認ください。
当記事では 「奈良県」を例に記載します♪

 

 第25回 奈良県介護支援専門員実務研修受講試験概要

【試験実施日】
令和4年10月9日(日)

【受験会場】
奈良県社会福祉総合センター
奈良ロイヤルホテル

【受験案内配布期間】
6月1日(水)~7月1日(金)

【配布方法】
下記まで直接受け取りに行く。 (郵送での取り扱いはなし)

・福祉人材センター(奈良県社会福祉総合センター3階)
・奈良県長寿・福祉人材確保対策課(奈良県庁)
・県内各市町村介護保険所管課
・県内各市町村社会福祉協議会
・県内各保健所

【申込受付期間】
6月1日(水)~7月1日(金)

【受付方法】
簡易書留での郵送のみ

【受験票発送日】
9月中旬頃

【合格発表日】
令和4年12月2日(金)

【通知方法】
・郵送(受験者全員)
・奈良県社会福祉協議会ホームページに掲載(合格者のみ)

 

 受験資格について

ケアマネジャーの試験を受けるためには、受験時に奈良県に在住しているか、奈良県で働いているという条件の他、国家資格に基づく業務経験もしくは相談援助業務経験が5年以上、 なおかつ従事した日数が900日以上という実務経験が必要です。

国家資格の保持者と相談援助業務経験者の受験資格には、下記のような違いがあります。

 

■ 保健・医療・福祉に関する国家資格等にかかわる業務経験

下記に該当する資格を持っている人が、その資格本来の業務を行った期間が5年以上あれば、受験資格として認められます。

【該当資格】
医師
歯科医師
薬剤師
保健師
助産師
看護師
准看護師
理学療法士
作業療法士
社会福祉士
介護福祉士
視能訓練士
義肢装具士
歯科衛生士
言語聴覚士
あんまマッサージ指圧師
はり師
きゅう師
柔道整復師
栄養士(管理栄養士含む)
精神保健福祉士

 

■ 相談援助の業務経験

施設の相談援助業務に従事している場合は、働いている施設や行っている業務内容によって、受験資格として認められるかどうかが変わります。
受験資格が認められる相談援助業務は下記のとおりです。

【生活相談員】
・特定施設入居者生活介護
・地域密着型特定施設入居者生活介護
・地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
・特別養護老人ホーム
・介護予防特定施設入居者生活介護 など

【支援相談員】
・介護老人保健施設

【相談支援専門員】
・計画相談支援
・障害児相談支援

【主任相談支援員】
・生活困窮者自立相談支援事業

参考: 奈良県社会福祉協議会HP

 

 合格率は?

ケアマネの合格率は、ほかの福祉系の資格と比べて低い傾向にあります。
2021年に実施された「第24回介護支援専門員実務研修受講試験」の合格率は23.3%です。
2020年の合格率17.7%と比較すると、5.6ポイント上昇していることがわかります。
介護支援専門員実務研修受講試験の合格率は、例年10~20%前後ですが、2021年は4年ぶりに20%を超える結果となったのですね☆

出典:厚生労働省「第24回介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況について」

 

また、厚生労働省の「介護福祉士国家試験の受験者・合格者の推移」と「社会福祉士国家試験の受験者・合格者の推移」を見ると、介護福祉士の合格率は約60〜70%、社会福祉士は約20〜30%です。

ケアマネ試験の合格率は10〜20%ほどなので、福祉系の資格の中でも難易度が高いことが分かります。
それだけケアマネ試験は、多くの知識とスキルが必要とされる試験だといえるでしょう★

 

次回は「看護職のキャリアアップ」についてお伝えします!
お楽しみに★


奈良県、大阪府で医療・福祉関係の
転職をお考えの方はコチラ
LINEでのお問い合わせも受け付けています!
友達登録後にお役立ち情報や
LINEでしか見られないおすすめ求人特集をご案内させていただきます!
ぜひお気軽にご登録下さい!