退職を引きとめられたときの上手な断り方① ~理由を知ろう~

医療・介護キャリアサーチ奈良/大阪TOP › お役立ち情報 › 退職を引きとめられたときの上手な断り方① ~理由を知ろう~

退職を引き留める 大きな理由は3つ!!
1、優秀な社員を失いたくない!
2、人材が不足していて、新規採用が難しい!
3、離職者が出ると、職場内のモチベーションが下がる!

正直に、でも伝え方に気をつけることを心がけましょう!

会社に退職の意思を伝えることは、
転職者が越えなくてはならないハードルのひとつです。
口に出して上司に伝えるまでは、緊張して気が重くなるかもしれません。

また、退職の意思を伝えても、
上司や会社から引き止められる 
こともあります。
退職を申し出ても、
必ずしもスムーズに手続きが進むとはかぎらない ことを
心に留めておきましょう。

退職の意思を伝えるまでに、
引き留められる理由や方法、
上手な断り方、慰留を長引かせないポイント 
などを知っておくことで、
スマートな退職交渉を心がけて円満退職に繋げましょう♪

今回は、
≪ 退職希望者を引き止める理由 ≫!!

「 やっと退職の意思を伝えられたのに、すんなり辞めさせてもらえない 」。
転職者のなかには、退職に関する交渉でこのような悩みを抱える人がいます。
企業が退職希望者を慰留する理由はどこにあるのでしょうか。

 ● 優秀な社員を失いたくない

社員を一人前に育て上げるには、時間とコストがかかります。
そのうえ、
優秀な社員となると、同等に働ける人材を
すぐに確保できるとはかぎりません。
できれば、今いる優秀な社員にそのまま自社に留まってもらいたい
というのが会社の本音です。


また、自分では評価されている実感がなくても、辞意を伝えたときに初めて、
考えていた以上に自分が評価されていたことがわかる場合もあります。
ありがたい話ではありますが、
そこで揺らいでしまうと、心情的に慰留を断りづらい状況になる可能性があるため、
転職を決意しているという固い意思を伝えましょう

転職についての
アドバイス(無料!)を
ご希望の方はこちら!▶▶

 

 ● 人材が不足していて、新規採用が難しい

中途採用で人員を補充しても、職場で戦力になるには、ある程度の時間が必要です。
そうした 時間や育成の手間を避けるために 、会社が引き止めることがあります。
つまり、会社側のリスクを回避するための慰留です。
人材が不足している部署や中小企業では、新人を教育する余裕があまりなく、
なかには「 仕事を教えられる人がいない 」というケースもあります。


「 新人が入社して引き継ぎが完了するまで 」と慰留を頼まれると、
上司や同僚への負担を考えて、申し出に応じてしまう人もいるでしょう。
転職先が決まっていない状態で慰留の話が出たら、注意が必要です。
先延ばしにならないように、
退職する時期をしっかりと決めてから会社に伝えましょう

 

 ● 離職者が出ると、職場内のモチベーションが下がる

職場で退職者が出ると、
残って働く人たちは少なからず動揺します。

優秀な社員が退職することになれば、その後の業務に不安を感じ、
モチベーションが低下するかもしれません。
社員一人の退職をきっかけに、
転職を考えていたほかの社員が退職を切り出すこともあります。


また、部署内で退職する社員が出ると、上司の管理能力が問われます。
離職者が複数いる場合、
上司の評価は大きく下がるでしょう。
そのため、退職を申し出た社員にできるだけ長く働いてもらうために、
上司は引き止めることがあります。

 

こんな風に、会社側の都合も分かりますよね。
それでも固い転職の決意があるのであれば、
それを分かったうえで交渉を続ける必要があります。
そのためにも、次回は、
どのように引き留められるか、その方法をお伝えしますね。
お楽しみに★


奈良県、大阪府で医療・福祉関係の転職を

お考えの方はコチラ

LINEでのお問い合わせも受け付けています!

友達登録後にお役立ち情報や

LINEでしか見られないおすすめ求人特集をご案内させていただきます!

ぜひお気軽にご登録下さい!