所得税を知ろう!その1~所得税って何?控除って何?~

医療・介護キャリアサーチ奈良/大阪TOP › お役立ち情報 › 所得税を知ろう!その1~所得税って何?控除って何?~

知らなきゃ損!!
お給料に関わる税金について知識を深めましょう!

★ 所得税とは、個人の1年間の所得( 収入 )に対してかかる税金のこと!
★ 所得税を計算する際に個人的な経済事情を反映して一定額差し引かれるのが、控除!

私たちのまわりにはさまざまな税金があります。
買い物をする際に払う「 消費税 」や働く人が納める「 所得税 」や「 住民税 」など・・。
会社に勤めている方の場合、
「 所得税 」や「 住民税 」は給与から天引きされるため意識する機会は意外に少ないのかもしれません。

ここでは数回に分けて、個人の給与所得における「 所得税 」と「 住民税 」について
どのような税金なのか整理してみたいと思います。

まずは、所得税についてみていきましょう。

  ◆ 所 得 税 と は ?

所得税は、 個人の1年間の所得に対してかかる税金。

1年間の全ての所得から各種所得控除の合計額( 給与所得控除や生命保険料控除など )を
差し引いた残りの課税所得に税率を適用し、税額を計算します。
なお、超過累進税率方式を採用しているため、所得が増えると税率も高くなります。

所得税 = 課税所得金額(1年間の所得金額-各種所得控除の合計額)× 税率 - 税額控除

課税所得金額:「 所得金額 」から「 所得控除の合計額 」を控除して計算。

※ 所得とは、収入から必要経費を引いたものを指し、
「 事業所得 」や「 給与所得 」など10種類に区分されていますが、
会社員の場合は「 収入は給料だけ 」という方が多いため、
ここでは「 給与所得 」の計算についてご説明します!

ですが、その前に、「 控除って何?」という方のために
所得税や住民税についてたびたび出てくる控除とは、
どのようなことなのか確認してみましょう!

  ◆ 控 除 と は ?

控除とは 一定の額を差し引く という意味で、
所得税や住民税には 税を納める人の個人的な経済事情を
税金の計算に反映させる制度 
が備わっており、
「 所得控除 」と「 税額控除 」という2種類に分けることができます。

所得控除は、
納税する人に「 家族がいるか 」「 家族の人に所得があるか 」などの
経済事情に応じて税金を反映させるためのもの
で、主なもので15種類あります。
収入からこれらの控除額を差し引いた課税所得金額を求め、
それらに応じた税率をもとに税額を決めるという流れです。

一方、税額控除は、控除額がそのまま直接所得税から差し引くことができる制度です。
最終的に計算された所得税額から直接差し引くことができるため
所得控除に比べて効果が大きくなります。
住宅ローン減税に伴う控除はこれに該当します。

転職についての
アドバイス( 無料!)を
ご希望の方はこちら!▶▶

どうですか?
耳にしたことはあるけれどよく知らなかった「 控除 」について
少し知識を深められたところで、
次回は、毎月給与から天引きされている「 所得税 」について詳しくみていきましょう!

出典
※1 国税庁「 所得税のしくみ 」https://www.nta.go.jp/publication/pamph/koho/kurashi/html/01_1.htm


奈良県、大阪府で医療・福祉関係の転職を

お考えの方はコチラ

LINEでのお問い合わせも受け付けています!

友達登録後にお役立ち情報や

LINEでしか見られないおすすめ求人特集をご案内させていただきます!

ぜひお気軽にご登録下さい!