働き方によって加入できる社会保険が変わる!?

医療・介護キャリアサーチ奈良/大阪TOP › お役立ち情報 › 働き方によって加入できる社会保険が変わる!?

ポイントとなるのは
労働時間が週20時間未満、
週20時間以上、週30時間以上。

  ● 4つの社会保険、加入対象となるのはどんなとき?

「社会保険完備」とはいっても、4つの保険に無条件に加入できるのは正職員のみ。
パート・アルバイトなどいろいろな雇用形態がある中で、
全員が社会保険4点セットすべてに加入できるわけではありません。
どんな働き方の人が、どの保険に入れるのかみていきましょう。

  〇 労災保険だけの加入対象となる働き方

週20時間未満で働く人は、労災保険だけ加入対象となります。
家族の扶養に入っている人に多い働き方です。

 

  〇 労災保険+雇用保険が加入対象となる働き方

週20時間以上働く人には、労災保険にプラス、雇用保険が加入対象となります。
こちらも家族の扶養内で働きたい人が多いです。

転職についての
アドバイス(無料!)を
ご希望の方はこちら!▶▶

  〇 労災保険+雇用保険+厚生年金+健康保険すべて加入対象となる働き方

週30時間以上働き正職員と比べて3/4以上の労働日数となる人は、
労災保険、雇用保険、健康保険、厚生年金すべて加入対象
となります。
しっかり働きたい人、正職員を目指す人に多い働き方です。

 

それでは、保険料はどのように払うのでしょうか。
労災保険は全額が会社負担、
雇用保険は施設・会社と雇用者で折半、
同じく健康保険や厚生保険もほぼ半分ずつ折半です。
経営者側が半分支払ってくれるため、雇用者の支払いも半分になります。
給与やボーナスなど目に見えるお金以外に経営者側が支払ってくれるため、
求人誌や求人サイトでは「 社会保険完備 」と書いてある
のです。

次回は、
就職先を選ぶ際に社会保険完備以外に注目すべきポイントなどについてお伝えします!
お楽しみに★


奈良県、大阪府で医療・福祉関係の転職を

お考えの方はコチラ

LINEでのお問い合わせも受け付けています!

友達登録後にお役立ち情報や

LINEでしか見られないおすすめ求人特集をご案内させていただきます!

ぜひお気軽にご登録下さい!