「扶養内で働く」ってどういうこと?

医療・介護キャリアサーチ奈良/大阪TOP › お役立ち情報 › 「扶養内で働く」ってどういうこと?

「扶養控除が受けられる範囲の中で働く」という意味!
扶養控除には「税法上の扶養」と「社会保険上の扶養」の2つがある!
そのそれぞれに○○円の壁が存在する!

2018年の税制改正により、いわゆる「扶養内」と言われる年収額に変更がありました。
103万円・130万円・150万円・201万円…と、様々な「扶養内」の金額が飛び交い、
混乱している方も多いのではないでしょうか?
今回は2018年の改正を踏まえた扶養控除に関する最新情報を、わかりやすく解説します。

「 扶養内で働く 」って何?

よく言われる「扶養内で働く」とは、「扶養控除が受けられる範囲の中で働く」という意味です。

その扶養控除には「 税法上の扶養 」と「 社会保険上の扶養 」の2つがあり、
このことが皆さんを混乱させる原因になっているかもしれません。詳しく見ていきましょう!

税制上の扶養控除は、所得税や住民税の控除、配偶者控除・配偶者特別控除に関するもの。
社会保険上の扶養控除は、健康保険や年金に関するもの。
一般的に「扶養内」と言うとこの2つが混ぜこぜになって語られることが多いですが、制度としては別物です。

※配偶者控除とは…納税者に収入がない・少ない(年収103万円以下)配偶者がいた場合、
納税者の税負担が軽減される制度。
最大38万円が控除されるが、納税者の年収が1,120万円を超えると
控除額は段階的に減額され、1,220万円を超えると控除額は0になる。

※配偶者特別控除とは…配偶者の収入が103万円を超えて配偶者控除の適用外となった場合も、
201万円までは納税者の税負担が軽減される制度。
配偶者控除の適用を外れても、納税者の税負担が急激に増えないよう配慮されている。
配偶者控除同様最大38万円が控除されるが、
配偶者と納税者の年収額に応じて控除額は段階的に減額され、
配偶者の年収が201万円を超えた場合と、納税者の年収が1,220万円を超えた場合は
控除額は0になる。

転職についての
アドバイス( 無料!)を
ご希望の方はこちら!▶▶

 

次回は、
この「税法上の扶養」と「社会保険上の扶養」を知ったうえで、
みなさんも一度は耳にしたことがあるかもしれない
103万円の壁、130万円の壁などについて解説します!
お楽しみに★


奈良県、大阪府で医療・福祉関係の転職を

お考えの方はコチラ

LINEでのお問い合わせも受け付けています!

友達登録後にお役立ち情報や

LINEでしか見られないおすすめ求人特集をご案内させていただきます!

ぜひお気軽にご登録下さい!