「〇〇円の壁」・・ってなに?

医療・介護キャリアサーチ奈良/大阪TOP › お役立ち情報 › 「〇〇円の壁」・・ってなに?

 103 万円の壁は住民税の発生、
 106 万円の壁は社会保険加入義務の発生、
 130 万円は配偶者の社会保険の扶養から除外、
 150 万の壁は配偶者特別控除の満額受給のボーダーラインなのです!

103万円、130万円など、「 扶養内 」に関する金額は複数あって、混乱してしまいがちですが、
前回の「 税法上の扶養 」と「 社会保険上の扶養 」で整理してみましょう!

100万円の壁:税法上の扶養( これを超えると住民税が発生する。※自治体によっては異なる場合もあり )

103万円の壁:税法上の扶養( これを超えると所得税が発生する。)

106万円の壁:社会保険上の扶養( 自身の勤務先で保険加入の義務が発生する。※収入額以外に従業員数や勤務日数・時間などその他の条件も併せて判断される。詳細は後述。)

130万円の壁:社会保険上の扶養( これを超えると配偶者の社会保険の扶養から外れる。※収入額以外に従業員数や勤務日数・時間などその他の条件も併せて判断される。詳細は後述。)

150万円の壁:税法上の扶養( 配偶者特別控除の満額38万円が受けられる上限。※配偶者の年収によって減額されることも。)

201万円の壁:税法上の扶養( これを超えると配偶者特別控除が受けられなくなる。)

転職についての
アドバイス( 無料!)を
ご希望の方はこちら!▶▶

今まで耳にしたことがあるであろう○○円の壁について少しイメージできましたか?

次回は
自身の勤務先で保険加入の義務が発生する106万円の壁と、
配偶者の社会保険の扶養から外れる130万円の壁について詳しく解説します!
お楽しみに★


奈良県、大阪府で医療・福祉関係の転職を

お考えの方はコチラ

LINEでのお問い合わせも受け付けています!

友達登録後にお役立ち情報や

LINEでしか見られないおすすめ求人特集をご案内させていただきます!

ぜひお気軽にご登録下さい!