面接官が語る 面接のコツ① 退職理由を聴かれたら?

奈良介護求人センターTOP › お役立ち情報 › 面接官が語る 面接のコツ① 退職理由を聴かれたら?

「どうして前職を退職されたのですか?」
恐らく、世界中の面接官が100%この質問をしているでしょう。

なぜ面接では前職の退職理由を聞くのでしょうか。

それは、この質問ひとつで、その方の人となりや仕事に対する姿勢、大切にしている事などを感じ取れる事が多いからです。

■ 面接官が着目しているポイントは4つ!

  1. 同じ理由ですぐに辞めることになってしまわないか。
  2. 仕事に対する姿勢が、会社の求めるものと合致しているか。
  3. 周りの職員や上司とうまくやっていけるのか。
  4. うまくいかない事を外部要因のせいにする、ネガティブな人ではないか。

これらの点に留意して、退職理由を話すときは、ポジティブな表現に言い換えましょう。

退職理由に「人間関係」を挙げてしまうと、本人に非は無くとも「本人にも問題があるのでは?」と思われかねません。「チームアプローチを大切にしている職場で働きたいと思いました。」といったように伝えると良いでしょう。残業が多く、休みもとれないといった事が理由である場合も、そのまま伝えると「仕事に対する姿勢が甘い」と捉えられかねません。「スキルアップや資格取得の勉強に費やす時間がとりたかった」と添えると、向上心のアピールになります。

給与や待遇に不満があった場合も「自分の頑張りを正しく評価してもらえるところで、心機一転頑張りたいと思いました」と伝える事によって、強いやる気が伝わります。

もし前職を短期間で退職していた場合は、「やむを得ず退職」で本当に不本意であるという想いを伝え、長く腰を据えて働きたいというアピールをしましょう。

最後に、退職の事を話すときは、声のトーンや表情も大切です。ややもとすると暗い内容になりがちですので、明るく前向きな印象を与えるために、はきはきとお話する事で、「この人と一緒に働きたい!」と思ってもらいましょう。

奈良県内で介護の転職をお考えの方は下記のフォームからご登録ください!

エントリーフォーム